技術部門各班紹介

 
エンジニアリングスケッチ
はんだ付けの回路基板
ラップトップコンピュータでコード

​機械班

機体の設計・加工・開発・整備を担う
スペシャリスト

 CADソフトを用い各パーツをデザインや設計をする他、設計したものを形にするためにボール盤、フライス盤、旋盤など基本的な加工機から3Dプリンターのような最新機器も使用し使いこなす。

 ただ作るだけでなく、勝つための斬新な機構やどのチームも手を付けたことがないようなものを取り入れるため開発も行う。

 試合は激しい戦いであり損傷することがり、現地で整備し対応できる手際の良さ、
柔軟性が求められる。

回路班

機体の心臓部である回路基板・配線を担う
スペシャリスト


 回路基板の設計、カメラやジャッジモジュールなど各機材の配線を行い、
機体を動かせるようにする。
 簡単に書いているが最適な電子部品・コードの選定、安全や整備性を考慮する
スキルが求められる。

部品が何らかの原因で損傷した場合、
現地で応急処置を行うこともある。

制御班

機体の動きを実現させるスペシャリスト 

 プログラミングや制御の知識を活かし、まるでゲームのように操縦者のイメージした動きを実現させる。

 PID制御のような基本的なものをうまく適応したり、画像処理による操縦アシスト、それらの制御をするためのプログラムを作り、最適化に努める。
 また時に開発環境を設定するために苦労したり、センサやモータなどデータシートを読み込むこともある。